八王子税理士事務所 WEB通信

日本の税金は高い?それとも安い?

日本の税金は高い?それとも安い?

「日本の税金は高い?それとも安い?」こんな疑問を抱いたことはないでしょうか。

そこで今回は、所得税・個人住民税の負担について他の国と比較してみました。給与所得者(会社員など)で家族構成が夫婦と子ども2人の場合、年間に負担する所得税・住民税は、次のようになります。

給与が500万円の場合

日本が25万円、アメリカは46.3万円、イギリスが80.3万円になります。

給与が700万円の場合

日本は53万円、アメリカが90万円、イギリスは148.1万円になります。

給与が1000万円の場合

日本が123.9万円、アメリカは184万円、イギリスが268.1万円になります。


この数値から察すると、どの給与額でも日本の負担が一番小さいことがわかります。

また、給与500万円を見てみると、給与に対する税負担の割合が、日本は5%なのに対してイギリスは3倍以上の約16%もあります。

このことから、日本は所得が少ない人ほど税の負担が小さいとも言えます。

しかし、この他に社会保険料などの社会保障の負担分があります。また逆に、さまざまな給付制度もあります。

これらは各国でそれぞれ異なるため、一概に今回の数値だけで「日本の税金が安い高い」と判断することは難しそうですね。

(2011年7月現在の財務省データより/邦貨換算レート:1ドル=81円・1ポンド=132円)

コメント



認証コード2812

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional