パートさんを上手に活用する術

パ-トタイマーの方は時間給で限られた時間をこつこつと真面目に働いてくれる方が多いと思いますが、募集しても思うように集まらなかったり、すぐ辞めてしまったりと採用側の悩みもあります。

パートさんの特性や税法上の制限等も考慮しながら、普通の方を採用し、真面目にコツコツと働いてもらうにはどうしたらよいでしょうか。

時給は一本化が適当

時給は職安などで業務により公表されています。応募者はその業務のどのレベルの人が欲しいかにより応募者層が決まってきます。

  1. 募集する時は時給に幅を持たせず判り易く時給は一本化する方がよいでしょう。経験や能力で時給に幅を持たせると言っても面接だけで見極めるのは難しい為、普通の能力のある人を採用する考え方で時給を決めて募集する方が求める人を決めやすいと思います。
  2. 設定した時給に合う人を採用すればよく、時給に幅を持たせると、数人同時採用となった時には低い人が「なぜ自分は」と不信感を持たれてしまう事があります。
  3. 普通の仕事の賃金目安は最低賃金にプラス100円程度でしょう。この額であれば普通の人が応募してくれるでしょう。もちろん地域により物価の高い都市部ではプラス150円、200円と言う場合もあるでしょう。
  4. 採用時の時給がいくらであってもその後の昇給が無いとモチベーションが下がるので毎年10円でもアップした方がやる気が続きます。毎日の買い物の細かい金額のやりくりを頑張っている主婦の方には励みになるものです。
  5. パートさんの時給は勤続年数で決める方が一番もめないと言えるかもしれません。入社の順番は誰もが知っている事だからです。もちろん途中、仕事内容が変わったというような時は話し合いの上、再考する必要はあるでしょう。
  6. 年収制限の問題は当然考慮しなければならない事項でしょう。税法上の年収制限内で働きたいと言う希望ならば年末の忙しい時期に休まれない様に勤務時間は前もって休ませて減らしておくようにしておくべきでしょう。

まとめると、募集時の時給は明朗に、しばらくの間の小額昇給、扶養家族としての配慮等があると、パートさんも勤務継続し易くなるのでは?

コメント


認証コード3841

コメントは管理者の承認後に表示されます。