八王子税理士事務所

“標準化”の効果

“標準化”の効果

「品質管理」の分野に“標準化”と言う考え方と管理技術があります。

よく知られているように、「均一な品質のモノを、決められた時間で効率よく製造するために、モノづくりの手順・方法を決めること」を“標準化”と言います。

生産の能率を上げ、さらには自動化へ進めることで、コストダウン、不良の低減などの効果があり、第二次世界大戦後に日本では自動車産業を代表として、製造業における“標準化”が大いに進展しました。

“標準化”の進展

サービスの分野でも、“標準化”は大きな効果をあげています。

例えばJRをはじめ、日本の鉄道会社の列車運行・発着時間管理に使われる「ダイヤ」の編成・管理技術は世界一流で、朝のラッシュアワーに、分単位で小刻みに発着させる都心の列車運行でも事故なく驚異的な精度で管理されています。

それは、品質管理・標準化先進国・アメリカから初めて日本にやって来た人がビックリし、感心するほどです。

また、経営管理の分野においても、顧客満足の追求や環境安全の確保のためにISOなど標準化が進められています。

“標準化”の一般的効果

このように“標準化”を進めると、一般に次のような効果が生まれます。

  1. 期待通りの出来栄え・能率が期待でき、実現できるので、顧客・企業双方にとって成果が保証される。
  2. 企業は“標準化”して節約できた分の時間を、“標準化”が難しい創造的な仕事に投入して、人材を有効に活用し、付加価値を高めることができる。

“標準化”推進留意点

経営において“標準化”の効果を最大限に活用し、デメリットを回避するには、次の点に留意すると良いでしょう。

  1. 標準化することによって、手間が省ける業務をリストアップし、効果の面から優先順位をつけて取り組む。
  2. 「○○経営賞の受賞」に有利だ、などとトップが考え、“標準化”を図る方針を示すと、組織をあげて本来の目的を忘れた形式的で過剰な“標準化”に走ることがあり、かえって経営効率を落とす可能性があり、注意を要する。

    コメント



    認証コード8907

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional